つぶやきショート『この国の未来、分岐点』

『この国の未来、分岐点』


この国の未来が不安です、正直。

なが~く続いた●民党政権のツケが、今現在、いろんな歪みになって、社会に噴出している

ような気がします。

●民党だけを責めても仕方がないんですが、野党も頼りなかった。

それと、政党の中で世襲議員が多いのも問題。

けれど、其の世襲議員を選んできたのも、他ならぬ国民(有権者)。

世襲であっても政治家としての資質があり、この国を良くして行こうという強い『志』や

『使命感』があれば問題ないのですが。

私の考える政治家の『使命感』とは、それこそ、私心無く国民のために奔走し、自らの

人生(命)を使うとでも言いましょうか。。。責任を伴ったものでないと、納得できないのです。

自分自身は過去、世襲議員は選択しなかったし、知名度だけで選んだこともありません。

しかし、選択の基準は、ほんとに難しい。

人物やプロフィールなどで選ぶのか、政党で選ぶのか、いつも悩むところです。

悩みながらも、自分自身の1票を無駄にしたくないので、よほどの事情が無い限り、

投票には行っています。

次の参院選も悩みますね。

でも悩んでも決めて、投票に行きます。

政治家は国民から託されてこの国を動かすのだけれど、その政治家を育てるのも、

監視するのも国民であり、そう考えれば、投票に行かずにはいられません。

先進国と言われるまでになったこの国が
このまま沈んでしまうのか。
それとも、何とか窮地を脱して行くのか。
分岐点になるんでしょうか。


大手企業はV字回復といわれるほど黒字になったというニュースもありますが、

それも徹底的なコスト削減(人件費削減・縮小など)によるものと聞きます。

複雑な社会構造や、まるで生きもののように動く世界経済。

この国の経済の牽引役は大企業にあることは確かですが、世界競争に勝ち

抜けるのかどうか。

政治は、党利党略に走っている場合ではないのです。
[PR]
by sumi_0083 | 2010-05-15 00:07 | つぶやきショート

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧