9月11日の飛行機雲

 
 総裁選候補者の番組を見ていたが ふと外を見れば飛行機雲。
 かなり高い処を 右上がりに真っ直ぐに走っている。その先の飛行物体が 何であるか分らない。
 目を凝らしているとじりじりとその先が延び、やがて、厚い雲の中に吸い込まれていった。
 目線をテレビ画面に戻し、5分ほどしてまた空に目をやると 先程の雲は跡形もない.
空の表情は 別人のように変化していた。
 高いところにあるうろこ雲、すじ雲が、気持ち良い。

 5年前のあの日、ニューヨークの地上の一角で空を見上げた人たちが目にしたものは 
この日のように 長閑な秋の空ではなかった。
 あの時、私は何をしていたのか はっきりと憶えている。
 日本時間で午後10時過ぎ、ツインタワーに旅客機が激突するのを お茶の間からリア
ルタイムのニュースで見ていた.
 2機目の飛行機がタワーに激突したとき、これは単なる飛行機事故ではないと多くの人が直感した筈で 私もそのひとりだった。
 その後、ビルが倒壊することも 漠然とではあるが予想してしまった。
 ただ、崩れ落ちような倒壊ではなく 飛行機が激突して破損したビルの部分から 折れ
るように倒壊するのでは、という素人判断だったが。
 あの時からもう5年経ったといえるのか それともまだ5年なのか.

  
 

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-09-14 16:35 | その他

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧