夏空のもと お出かけ


 青い空を見上げた。雲も白い。これこそ夏の空。そんな空の下、午後から出かけた。
 電車内は、やはりクーラーが効いていたので 長袖のブラウスを着ていて良かった。
 途中の駅で乗り換えることにする。
 電車から降りて ホームの椅子に座り、そして空を眺めた。手前の電線が邪魔になったが、それでも その向こうの空や雲の色が 心を和ませてくれる。
 駅舎のスレートの屋根の 煤けて濁った色も気にならないくらい、その屋根の向うにある夏空の青と 雲の白が 自然色として、その美しさを誇っているようにも思える。 
 気温は上がっていた筈だが 風が程好くあったので 体感としてはむせ返る暑さには 感じなかった。
 乗り継いだ午後の電車は それほど混んでいない。
 私の乗った車両には 私を含めて15、6人くらいの乗客がいただろう。そのうち4分の一の4人くらいが携帯画面を見ていて、他の人たちは うつむいて眠っていたり、文庫本を読んでいたり、外を眺めていたり、車内で様々な時間のすごし方をしている。
 向かいに座った女子大生は 仲間と、大学の試験日とアルバイトの日程調整の話を 盛んにしている。
 その横の色白のご婦人は 静かに目を閉じて座っていた。
 手に持った日傘の花柄が 「涼」を誘う模様である。

 同じ車両に乗り合わせた15、6人の乗客。その人達の分だけ生活があり、人生がある。
 そんなことを考えながら 目的地に向かって電車に揺られていた。
[PR]
by sumi_0083 | 2007-07-24 00:16 | ショートショートの日常

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧