ぞくぞくする期待感-NHK木曜時代劇 「風の果て」 (今日のトップ)

エキサイトリーダーに登録

 18日に 木曜時代劇の新しいシリーズ「風の果て」を見る。もう一度みたいから 録画しました。

 追記1:今日(25日)は「風の果て」2回目をみるっ♪  夜、8時から放送

      番組HPのURL
         ↓
    http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kazenohate/index.html



 第1回の放送を見終えてから 何か、ぞくぞくするようなそんな期待感が 私の中で膨らんだのです。
 それは 単に、このドラマは楽しめそう!とか そういうものとはちょっと違って、見る側に何かを問い掛けてきそうな、そんな期待感とでも言えるのでしょうか。 
 ドラマを見たあとに、その番組のHPで脚本家の言葉を読むと、なるほどと思いました。娯楽要素よりも 「人間」の深層や「人生」とは何ぞや、そんなテーマを含んだものを描こうとされたのかと、これは自分なりにですが脚本家の言葉をそのように理解したんです。

追記2: 
 けれど、1回目を見た限りでは そんなテーマがあったとしても重苦しいドラマではなく、主人公の青春時代が爽やかに描かれています。
 主人公やその周りの人々が これから先、どんな人生を歩んでゆくのか、それをドラマとして見ながら 何らかの、メッセージを受け取ることができるのではないか・・・
 私の期待感とは おそらく、そういうものなのでしょう(^^)


 この藤沢周平作品は まだ読んでいないから 
読みたい
   !(^^)!  

 今度のNHK木曜時代劇 「風の果て」は 

 <原作> 藤沢周平    <脚本> 竹山洋  

 <音楽> 岩代太郎    

 <テーマ曲演奏> ケイコ・リー 小松亮太 宮本笑里
                                  
 <出演> 佐藤浩一 石田えり 遠藤憲一 仲村トオル 

      野添義弘 涼風真世 平淑恵  蟹江敬三

    
[PR]
by sumi_0083 | 2007-10-25 19:20 | 映画・ドラマ

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧