見たいドラマが重なっている日らしい


 3連休の二日目。
 昨日より 気温は少し上がるという予報だった。それは有り難い。

 家族が風邪をひいて コンコンと咳きこんでいる。
 休み中に治しておかないといけないので、食事にも気を使う。
 幸い、熱は37度以上にはならず、葛根湯を服用して ほぼ平熱に下がった。けれど、咳がなかなか止まらない。それで「ベポラップ」という薬を塗ってみると それが効いたのか、咳が少し治まった。
 昼間は横になっているのが退屈らしく、着ぐるみのようにたくさん着込んで起きているから、みかんを食べながらでも テレビを見るなり本を読むなりして ゆっくり休養してもらうしかない(苦笑)
 ところで 家族によれば、今日は見たいドラマが重なっているらしい。
 NHKのスペシャルドラマと、テレ朝で二夜連続で放送する松本清張原作の「点と線」。

 以前、もう1台テレビを買おうと家族が提案したことがあったが 私が反対した。2台もあったら テレビにかじり付いた生活になることが予想されたからですが(笑) 結局、買わなくて良かった。
 うちは 誰もテレビゲームに興味を持たなかったので それ用のテレビも必要なかったし、安上がりなのかどうなのか分かりませんが(笑) そのぶん、本棚の文庫本やらその他の本は増えてますから、出費は変わらずで おんなじですか(爆) 
 ネット時代になってからも、ゲームは「四川省」というのが面白いので 時々、やってみますが、そのくらいで 流行りモノには疎いのかな。
 どうも、流行りモノに少しだけ敏感だったのは十代か二十代の頃で、それ以降は 徐々に 流行りモノに飛びつかなくなっている。
 世の中で自然発生的に流行るものと、何か、仕掛けられて流行るものがあるということを 何となく分かってきたからじゃないかと思います。
 仕掛けられて流行るもの、それにそのまま乗っかってしまうことには 何となく抵抗を感じ始めたのかな。よく分からないけれど そんな気もします。
[PR]
by sumi_0083 | 2007-11-24 06:48 | 映画・ドラマ

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧