カテゴリ:未分類( 31 )

 気分


おはようございます040.gif

昨日のお話しです。憂鬱な気分でもないし、ぼちぼち家事を済ませて夕方に

なったんですが、そこで、何故か睡魔に襲われたのです。

あーそうなのか、昨夜バマ大統領の就任式をライブで見たので寝不足なんだ、

と思い直ぐにコーヒーを飲んで、無理矢理自分の身体を覚醒させ、夕食の準備

をし食事を済ませました。美味しくいただきました。

けれどそのあとまた睡魔。

うつらうつらの後、家族に起されたもんだから少々私は機嫌が悪かったのです

                       012.gif(汗)

コンディションを整えておくのは大切ですね。寝不足でなかったら、機嫌が悪く

なることもなかっただろうし…反省の巻でございます。

取るに足らないことでカリカリするのは、自分でも嫌です。が、そこのところが

解っていてもセルフコントロールが上手くできない時があります。そういう時は

やはり身体がお疲れモードのとき。

睡眠時間は大事ですねぇ。

私の場合、翌日の集中力も違ってきますから045.gif

 

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2009-01-22 06:23

              トップ


     ご心配かけました。10月20日に再開します。

 
ブログの更新はお休みします。
☆コメントはログインユーザーのみ、TBは禁止設定としています。
 ご了承ください。
☆過去の記事(1300件ほど)は只今は殆どのものを非公開にしています。
                      (記事整理のため)
[PR]
by sumi_0083 | 2007-10-06 19:51

 只今の読書

陽気なイエスタディ (文春文庫)
阿刀田 高 / / 文藝春秋
スコア選択:



 先日の本「脳みその研究」も短編集なので、さらっと楽しく読める本でした♪
他にも読んでいますが この本も。
オクラがひとつ、お皿の上にのっかってます。 面白い表紙ですね(^^)


脳みその研究
阿刀田 高 / / 文芸春秋
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by sumi_0083 | 2007-09-22 18:15

 当たり前に出来ていること

 
 普段、当たり前に出来ていることが なんと、有り難いことなのかと思う。
 蛇口をひねれば 水が出る。壁のスイッチを押せば 電気がつく。ガス栓をひねれば 調理ができる。冷蔵庫を開ければ冷たい麦茶も飲めるし 冷凍庫には氷も出来ているから 家庭用のかき氷機で 蜜をかけてかき氷も食べることができる。
 本を読みたければ 夜でも電気をつければ読めるし、熱中症にならないように 室内の温度や湿度も エアコンで調整できる。お風呂も入れる。汗をかけば シャワーだって浴びることができる。サラサラヘアーにする為に シャンプーだって毎日できる。さっぱりしたお素麺が食べたければ 茹でて水にさらすことだって出来る。
 こうやって書き出すときりがないくらい、普段 当たり前に出来ていることが 突然、災害の為にライフラインが断たれ出来なくなったら。。。
 他人事と考えずに想像力を働かせてみようと思う。

 我が家の防災リュックを点検し、衣類は夏物に替え、薬品なども補う。

 台風災害、そして地震災害に遭われた方達がどうか体調を壊しませんように。

 そんなことを書いている私のほうが 情けないことに夏風邪気味で微熱がでたが 今日はどうやら回復。

 テレビ朝日ドラえもん募金


  「新潟県中越沖地震災害被災者支援」
   
   募金電話番号:0990-513-006


 上のダイヤルはテレビ朝日のページより転載したものです。

 詳しくはテレビ朝日のページを御覧下さい。
[PR]
by sumi_0083 | 2007-07-17 19:18

 昨夜、風強し


 昨夜は 風が強かったようだ。
 何か外で(庭で)倒れたような、転がったような音がしたのは気付いていたが サッシを開けて見る事もなく、そのままだった。
 朝になって外を見ると、どこやらから飛んできたのか、ビニール袋が庭先にあった。風に飛ばされてきたんだなぁ。これからまた一段と 風吹く季節になりますねぇ。
 私はこの時期、鼻の先が少し赤くなって外出から帰宅することもあるんです(笑)
 冷たい風に晒されて 私の鼻先はそうなるんですが(笑)そんな時は マスクをすれば防げるものを つい忘れて外に出ると、赤鼻のトナカイならぬ、赤鼻のおばさんになって帰宅ということになります(笑)
 台所仕事をするときも 蛇口から出るその水が、少しずつ冷たくなってきました。

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-11-26 18:16

 ザ・ラップ


 なんと単純な人間なんだと 我ながら思う。
 好きな曲「ザ・ラップ」の 大地をしっかり踏みしめるような響きを聴いていると それだけで元気が出てくる。
 このところ イエローカードといえるほどではないが 確かに心模様は下降線を辿っていた。だがしかし、音楽が力を授けてくれた。

 太鼓の響きというものは 魂の芯までその響きを伝えてくれるようだ。もやもやした不安感を払拭してくれます。
 呼び起こしてくれるのです。 
 ほら!「魂」の核の中には こんなに強いものが存在している!と、そのことを知らしめてくれるようです。

 少し元気が出てきたと同時に 今、お天気まで薄日が差してきたのが嬉しい.


 
 

 

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-07-25 10:56

 穏やかな朝


 昨日は ミサイル騒ぎで少し緊張が走ったが 今朝はなんとも穏やか。
 夕方からもの凄く蒸し暑かったので その後、夜半か早朝に一降りあったんでしょう。
室内よりも外の空気が ひんやりと涼しい。雨の滴が 葉っぱの上にまだ残っているようだ。
 今は4時を過ぎた頃に 白み始めるのでしょうか。
 私が目覚めた時には 少し明るくなっていた。といっても曇り空なので この時間でも晴れたときよりも 明るさは少ない。
 スズメたちは 雨上りなので はしゃいでいるようだ。

 それにしても 人騒がせな国は困る。
 昨日は 藤沢周平の本を落ち着いて読めなかったが 今日は大丈夫でしょう。「三屋清左衛門残目録」も 少し読みはじめたが 面白そうです。
 檻シリーズの主人公は20代の若い医師だったが 今度は50代の隠居した武士。
 50代の「ご隠居さん」は、早い気がするが 昔はそうだったんですね。平均寿命も今とは違うし、親から独立する年齢も早かったようだ。

 「ウェブ進化論」は うちの家族が「面白い、面白い」と言って読んでいる。あの本、私は相性がいまひとつ良くないようで(笑) 最後まで読むのが 苦痛になってしまった。

 本との相性とは そんなものかも知れない。
 今の私には 人間味溢れる主人公の小説がピタリと合うようで うんちく系の本は後回しになってしまう(笑)
 自分を消耗させる「読書」は出来ないし、楽しみながら読まないと自分にとって「読書」
の意味がない。 


 
 

 

  

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-07-06 05:46

 雷ごろごろ、そして無風

 
 今日は何故か 風が吹かず.まだ、それほど蒸し暑くも感じないが 家の中を通り抜ける風は あったほうがいい.
 夕方、雷がごろごろと鳴っていたが 結局、雨は降らず.降るか降らないか はっきりしないお天気だった.
 晴れた日の木の葉は みどりの陰影が際立つ. 
 曇った日の葉っぱは 空模様と同じようにぼんやりした緑色に見えてしまう. 

 小説2冊目を 読み始める.
 週明けから 村上ファンドの村上氏逮捕や小学生殺人事件の容疑者逮捕の報道で持ちきりです.どうなってるんでしょうか、今の世の中は。。。

 
2冊目の小説は 新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4 〉藤沢周平著

新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉
藤沢 周平 / 講談社
ISBN : 406273589X
スコア選択:




 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-06-06 22:49

 いつもの道を闊歩する

私のお気に入りの時間!


何でもない町の中を歩くのが好きだ。今日(28日)は 往復一時間ほど歩いた。
 大きな通りを渡って住宅地の中を抜け、また少し交通量のある道路を渡ると 散歩コースに出る。
 くねくねと曲りくねるでもなく かといって真っ直ぐな一本道でもない。少し右に折れ、左に折れと 5mに満たない幅の道が続く。
 そんな古い集落らしき住宅地の中を歩くと 最近では珍しくなった杉板張りの外壁も見かける。
 敷地の一角に土蔵らしきものも建っているので 古い農家なのだということが判る。
門構えも古く、風格のある屋根の家もある。
 所々に新しい住宅も建ち始め、ほんの暫く来ない間に畑が駐車場になり アパートも建ち、様子が変わっている。
 細い道が終ると広い道に出て、そこから先は 区画された道路なのか新しい住宅も多く
そのため景色も一変する。畑も少し残っているが いずれ無くなるのだろう。
 プランターに植えられた花に目を移しながらも 足だけは止めずに、只ひたすら歩く。
 この日、今にも泣き出しそうな空模様だったが 風があるので湿度はそれほど高く感じられなかった。そのことが幸いした為、私も気分良く 目的地まで闊歩することが出来た。 向かい風という訳でもないが 歩く方向からの適度な風が体温を下げてくれたようだ。

 追記: 歩幅広めにスタコラ歩きましたので 散歩というよりも

    1時間あまりの闊歩(かっぽ)でした (^^)  

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-05-29 10:06

千変万化、雲の動き。


 日付が変わって、この時間になっても 風のうねるような音が聞こえる。

 27日の夕刻 高い空には青空も少し見えた。白い雲も浮かんでいたが その下の灰色の雲の動きが 実に速い。
 低い雲とほぼ同じくらいの高さなのか 動きの速いその雲を避けるようにして 赤い垂直尾翼の旅客機が 西へ向かっていた。

 鳥たちは一直線に滑るように もっと低空を飛ぶ。強い風に後押しされていたのか。
こんな風の強い日は 雲の動きも千変万化。 
 暫く、見飽きることもなく 眺めてしまった。

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2006-05-28 00:20

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧