<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 「フラガール」

    ◇エキサイトシネマにフラガール公式ブログがあります◇        

◆下に続きを書きました◆
 フラガールスタンダード・エディション
松雪泰子 / / ハピネット・ピクチャーズ
スコア選択: ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





笑ったり、涙腺が緩んだり、昭和40年を懐かしんだりと、充分、楽しめる映画でした。

サービス精神満点の映画だと満足しています。

 
<続き> 


 この映画で印象に残った場面は たくさんあります。 
 そのひとつは 教え子である少女、早苗(徳永えり)が 自宅でフラダンスの衣装を着たシーン。
 会社を解雇されて苛ついている父親が、その姿を見て怒り、早苗は殴られるのですが、そのことを知った平山まどか先生(松雪泰子)が 抗議の為に 銭湯の男湯に乗り込んでゆきます。
 男湯の入り口で(すっ○ん○んの)洋二朗(豊川悦司)に出会わしたあと、更に早苗の父親を探して 男湯の奥まで乗り込んで行きますが 湯船に浸かる父親を見つけるや否や、躊躇わず そのまま湯船の中に入って行き、父親に掴みかかります。 
 もう痛快で、拍手喝采したくなりました。
 この映画は 観客の「呼吸」まで考えて演出しているんでしょうか。いえ、観客である私の方が 俳優さんの演技の間合いや演出のリズムに乗ってしまっているんでしょうね。  その場面を見ながら思わず心の中で 平山まどか先生(松雪泰子)を応援している自分がいました(笑) 
 笑っちゃいけない深刻な部分ではありますが それを軽妙に描いているところが逆に好感が持てたんです。
 こういう風に観客をのせる演出も俳優さんの演技も 凄いし、見事だと思います。
 そしてその後、この早苗たち親子は 福島を離れ北海道・夕張へと向かう。その時の別れのシーンも心に沁みます。
 早苗の洋服は コートの布地も擦り切れている。何箇所も虫食いしたマフラーを身に纏っている。
 最近の十代の若い女性なら、考えられないようなことです。でも昭和40年ならば、経済的事情で貧しくて、洋服も新調できない人もいたんでしょう。

                       
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-29 23:10 | 映画・ドラマ

NHKスペシャル 「日本国憲法 誕生」


 今夜放送の NHKスペシャルも興味があるので見るか録画するかの予定。

 「日本国憲法 誕生」


 午後9時から10時14分まで

 番組のWebページ⇒ http://www.nhk.or.jp/special/onair/070429.html#

 上のページから予告動画も開けるようです。

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-29 10:33 | その他

 見逃したくない番組 「そのとき歴史が動いた」



 先日、番組宣伝で知った。

 5月2日放送の NHK「そのとき歴史が動いた」

憲法施行60年 特集、 憲法九条 平和への闘争、~1950年代 改憲・護憲論~


        番組のページ    
           ↓
        http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_yotei.html

        動画予告のページ
           ↓ 
        http://www.nhk.or.jp/sonotoki/main.html


 興味あるタイトル、テーマの時は 放送で見るか、録画するようにしている。

 通常の時間よりも30分遅れての放送時間 (22時30分から~) 放送時間は

 拡大となるようです。

   
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-28 14:27 | 映画・ドラマ

ヒッチコック作品「白い恐怖」

白い恐怖
/ ファーストトレーディング
スコア選択: ☆☆☆☆☆


 ヒッチコック作品「白い恐怖」
 以前、テレビ放映された時に観た記憶があるが こういう作品は 何度観ても面白い。
イングリット・バーグマン、グレゴリ-・ぺック主演。
 美しい精神分析医役のイングリット・バーグマンが 記憶喪失になってしまったケー
リー・グラントを彼女の愛で救っていこうとする。 
 原題 spellbound は 辞書を引くと「(呪文で)縛られた」という意味らしい。
 なるほど、と思った。
 ケ-リー・グラントが扮する役の男性には 幼少期に経験した忌まわしくも悲しい出
来事によるトラウマがある。その責罪の念から、長い間、解放たれていない。
 映画後半には 彼がみた「夢」を分析するシーンもあるが その「夢」シーンを担当したのが あの奇才、サルバトール・ダリだというから驚いた。
 この映画、第二次大戦後にアメリカで流行りだした、人間の異常心理を描いたニューロテック映画(異常心理映画)というらしい。
 そのようなウンチクはさて置き(笑)私は心理サスペンスというものを楽しむことが出来た。
 「白い恐怖」という邦画タイトルがついたのは映画の中で彼(グレゴリ-・ペック)が「白」という色と「線」に怯える、という設定があるからなんでしょう。その2つのキーワードが 物語終盤で実に上手く活かされることになります。
 映画後半で、二人の精神分析医が 「夢」を分析するところは、、、、、ひょっとすると、専門家から、ちょっと待った!とお声が掛かるかもしれません。が、専門家でない私には さほど気になるものでもありませんから、打っちゃっておける範囲です。
 それから 最初 に2人が出会うシーンで 彼女(イングリット・バーグマン)の顔がアップになります。ここは つまり、彼女が彼に一目惚れする場面ですが、アニメならば、瞳の中にハートマークが三つも四つもあるんじゃないかという撮り方です。
 イングリット・バーグマンの表情の演技で 一目惚れなんだと充分に分るのです。女優さんの顔のアップだけでそれを観客に伝えるところが 憎い演出だと思いました。
 それともうひとつ、映画の最後に ヒッチコックのユーモア精神がちょっぴり盛り込まれています。
 それはたぶん、その場面(ユーモアが盛り込まれた場面)の前場面の「事件」の結末が、ちょっとドッキリするものなので、それを緩和する為にそうしたのかな、と捉えています。 もしその通りならば、ニューロティック映画(異常心理映画)を観た観客が 暗く重い心境で終らないような配慮であり、ヒッチコックのサービス精神とも言えるのでしょうか。


白い恐怖
/ ファーストトレーディング
ISBN : B000M05T1S
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-28 00:21 | 映画・ドラマ

 頑張りすぎたかな(笑)


 今週になってから がんばりすぎたかなぁ。。。
 この時期、衣類の整理だけでも時間を取られてしまう。洗濯やクリーニングで仕舞おうと思ったニット類なども 気温が上下すると、もう一度着ることもあるし、一日のうちでも朝と昼では気温も違う。
 室内で、家事をしながら身体を動かすだけで 少し汗ばんでしまうこともあれば、外で日陰に入るとひんやりする。陽のあたる場所を歩いていると ぽかぽかと気分がよい。
 そんなこんなで 体温の調節が難しい。

 今日は ゆっくりしたペースで家事全般、こなそうかと思う。ひとつ、今日のうちに済ませたいことがあったけれど それは明日へと先送り(笑)
 実は 朝からまたくしゃみが出ている。屋外からの空気や風を 室内に入れていない時のくしゃみだから ちょっと風邪気味かもしれない。
 自分の手を額に当ててみると ちょっと熱いかな、という具合。

 まだ熱は測っていないが、冷やしておくことにした。頭痛がないのが幸い。


 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-27 10:55 | ショートショートの日常

 お天気が良いし♪


 お天気が良い。 
 天気予報を見ても、お日様マークが あっちにもこっちにもついていました。

 今日は♪朝も、はよから~♪よぉ~♪
 雑草を引き抜く作業をしておりましたのね(^^)

 こんな文章を書いているからといって 酔っ払っている訳ではありません。シラフです。今どきのテンションは だいたい、こんなもんです(笑)
 さて、昨日は 少し雨が降りましたので土が湿っており、雑草を引き抜きやすい状態で
あったことは間違いないのですが たんぽぽと格闘しまして ワタクシ、尻もちをつき
ました。

 あら、恥ずかし(汗)

 日中の最高気温は 20度を超えるということで、ぽっかぽっかと温かいのは 助かります。
 今日は木曜日だから、つい先日、日曜日ころだったでしょうか。
 夜になるとひんやりと冷え込んでくしゃみも出ましたし、風邪でもひいてしまいそうな
雰囲気でしたが、その時は何とか凌げました。
 去年の今頃はどうだったかなぁと考えてみると、もう少し、薄着だったような気もしま
すが、どちらにしてもこの時期、朝夕、寒暖の差があり 風邪などから体調も壊しやすいので 気をつけないといけません。

 「フラガール」や、その他、ワンコインのDVDを注文しましたので、早く観たぁ~い♪ 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-26 13:22 | ショートショートの日常

 次はこれを観ます

フラガールスタンダード・エディション
松雪泰子 / / ハピネット・ピクチャーズ
ISBN : B000MEXAO2

追記:1このところ よく動き回ってはいるけれど、ウォーキングはしてないなぁ。

追記:2
このDVDを観た後で フラダンスを踊りだすかも(笑)

    だぁ-れも見ていなけりゃ、、、、ま、、、へーき♪へーき♪ 

    
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-20 22:01 | 映画・ドラマ

フォトショップ模様 3枚

c0071874_21554927.jpg

c0071874_2158060.jpg

c0071874_2213462.jpg

[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-20 21:56 | フォトショップ

 ショック。


 17日火曜日、夜の8時過ぎ、家族が見ているテレビ画面を 私も何気なく見た。するとその画面にニュース速報がながれた。
 その時は ちらりと見ただけなので、速報のニュースが どんな文だったのか、それ
さえも曖昧である。
 けれど何故か、アメリカの大学構内で起きた、その日の朝のニュース残像が 少なから
ず残っていた所為か、また不穏なニュースかという、漠然とした不安を持ったことは憶えている。
 速報のことを知りたいから 夜9時からのNHKニュースにチャンネルを合わせるよ
うに家族に伝え、そのまま私は 自分が済ませなければならない用を片付けていた。
 そして、9時。 ニュース速報の詳細を知った。

 銃社会のあの国(アメリカ)で、悲惨な事件が起きたと衝撃を受けたその日の夜に、長崎市長が銃撃されたことを聞いたショック。
 翌日(18日)早朝のテレビニュースを見ると 長崎市長は未明に亡くなられたという。
 なんてこった (涙)。。。卑劣な暴力に対して 怒りをおぼえる。 
 そういう事件が起こったことで、社会全体が萎縮してしまわないかと、そのことも小市
民ながら心配になった。
 あの国(アメリカ)が銃社会であることは承知しているけれど、この国まで銃という
凶器が 市民の安全・安心という土台を侵食しているとすれば、忌忌しき事態である。
 怖いものは怖い。
 安全に暮らせる町、安心して暮らせる町、、、、それが 何よりも望むところです。
 長崎市長は 核兵器の廃絶や被爆者の援助に 力を注いで来られた方であったようだ。
長崎市民の声には 怒りを平和へのエネルギーに替えると、悔し泣きしながら語ってい
る方もいらした。 

 謹んで 亡くなられた長崎市長のご冥福を お祈り申し上げます。

c0071874_18332337.jpg




 

  

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-20 17:33 | ショートショートの日常

ヒッチコック作品 「 レベッカ 」

レベッカ
/ ファーストトレーディング
       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 



 このヒッチコック作品も 惹きこまれてしまった。
 霧が漂う情景。そして、鬱蒼と茂った木々の向こうに浮かび上がる、廃屋と化した屋敷。
その場面からこの映画は始まるが、そこでは女性の声で「語り」が入っている。
 それがレベッカの「声」なのだろうか。。。 

 映画タイトルの『レベッカ』・・・これは、亡くなった女性の名前だけれど 映画全編に渡ってレベッカは登場しない。 回想シーンさえない。
 冒頭部分の「語り」と、それ以外には唯一、屋敷の中で「肖像画」として、ちらりとその
容姿を観客は見ることになる。
 が、それもレベッカの「顔」よりも、肖像画で着用している「ドレス」を印象付ける演出。
 つまりそれは 最初から最後まで観客に、レベッカという女性を頭の中で想像させるということを意図した演出なんでしょうか。
 屋敷の中には、亡くなったレベッカの愛用していた物が 数々、存在する。
 美しく聡明で気品があり、美意識も高い女性、レベッカという前妻を、観客側もいったいどんな女性だったのかと 「レベッカ像」なるものを否応なしに膨らませてしまう。
 けれど、映画の結末で その女性像は見事に覆される。

 レベッカは 美しくはあったが計算高く、したたかで浮気性な女性であったと 最後にその人物像を、すとんと落としてしまうところがこの映画のミソであり 意外性を狙ったのかな、と私は思った。
 再婚相手として夫(ローレンス・オリビエ)と暮らすようになった主人公(ジョーン・フォ
ンテイン) は 広い屋敷の中でその幻影(レベッカの幻影) に萎縮したり、怯えてしまうほどである。
 彼女は 自分には相応しくない結婚だったのかと悩みながら、それでも健気に夫に尽くし、愛を貫こうとする。そして、自信を持てなかった主人公が 夫を愛することにより強さを持つ女性へと成長してゆく様子も描かれている。

 この映画の中では 印象深い人物が何人か登場する。 
 そのひとりは、前妻レベッカが 屋敷に嫁ぐ前から彼女に仕えていた身の回りの世話をする御付きの女性。 
 この女性、喜怒哀楽を極力、表情に出さない演技で「瞳」の奥に潜んでいる彼女の感情は、図り難いものがある。 
 そういう女性の存在が、このサスペンスの面白さを増幅している。
 もうひとり、ジョーン・フォンテインが結婚する前、雇い主であった金持ち婦人。

(↑追記:ウィキ情報ではこの女性、叔母となっている)

 ストーリ-前半の 金持ち夫人とジョーン・フォンテインとのツーショット場面が、私には少し可笑しかった。
 気位いも高そうであるが、よく喋る夫人。ふくよかな面立ちのその婦人と、その横に少しおどおどしながら座る、どちらかといえば華奢な体型の ジョーン・フォンテイン。
 年齢も当然違う訳だが 顔の大きさや、首の太さまで違うこの女性を二人並ばせている
場面を 映画を鑑賞し終えてから思い返した。
 その後のストーリー展開を考えると 主人公(ジョーン・フォンテイン) の繊細さや、自信が持てないという彼女(ジョーン・フォンテイン)の 「内面」や「人物像」を 強く印象付ける演出を その場面でもしているのかと考えてしまう。
 もしそうならば、やはりヒッチコック作品は 巧みな人物描写と観客を惹きつける緻密な演出をするサスペンスといえる。






 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-04-12 00:01 | 映画・ドラマ

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧