<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 一転、空がかき曇り・・・


 秋雨前線の影響で 局地的な雨が降っているそうだ。

 8月30日(木)も晴れた空から 一天俄にかきくもり、灰色というよりも鉛に近い色の低い雲が頭上を覆い始めた。
 やや!これは降るな、と思ったが 雨粒はいっこうに落ちてくる様子もなく、そのままその雲もいつのまにか消え失せ、私は些か拍子抜けであった。
 このところ気温は低くなってきているので、今日はエアコンなしで自然の風を入れながら扇風機で過ごそうと思ったが 湿度が高い所為か、気温は下がっているのに扇風機だけでは 少し蒸し暑さを感じ 結局、サッシを閉め、エアコンでドライ設定と冷房の設定を繰り返しながら稼動することになる。
 熱帯夜からようやく解放されたが この時期、油断すると風邪を引きやすい。
 寝具類はまだ夏用の物であるが、気温は 徐々に下がる。そこが難しい。
 食事の時も 昼間は冷たいお茶が欲しくなるが 夕食時には温かいお茶を飲むようになった。



 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-30 23:40 | ショートショートの日常

 つぶやきショート 「この夏、2007」

つぶやきショート 

「この夏、2007」

 この夏を振り返ると とにかく暑かった。
 暑い中を どうにかこうにか過ごしてきた。今年ほど 体調の管理が難しいと
思った夏はあっただろうか。
 地球温暖化が進むと 来年の夏も「今年ほど・・・」と言っているかもしれない。

 酷暑の日の午後の短い時間のお昼寝は 疲れを溜めない方法として有効だっ
た。 と言っても、そう毎日出来ることでもないし、出来る時はそうしたという
程度。
 熱帯夜が続くとどうしても熟睡感が持てない眠りがあったし、其の為に、午後
に 30分程度か1時間弱でも横になってまどろむことで 疲れが少しでも取
れたように思う。
 寝つきを良くする為に良かったのは 例年の如く、足枕や冷たい枕、それに足
の疲れを取る冷たいジェル状シートなど。
 ジェル状の冷たい足用シートは 近くの薬局で売り切れていた時もあったの
で 皆、同じことを考えて実行していたんでしょうね(笑)
 喉を潤おすかき氷も良かった。
 カリカリと氷を削る音を聞きながらかき氷を作ること事体が 私には楽しい
ものだった。
 暑い暑いと言いながら その暑さ中で「涼」を呼び込み工夫するという知恵が 
日本人には身に付いているものなんだと改めて思う。
 しかし、その暑さも今年のように尋常ではない暑さであったら 新しい工夫
も必要になってくる。
 そういえば 新しい工夫のひとつで注目すべきものがあった。
 ミスト状にした水を噴霧する方法で 都市のヒートアイランド現象にも有効
なようだ。
 水を噴霧するが濡れた状態にはならず もっと一般的に実用化されて欲しい。
 外気温でも室温でも 1℃か2℃下がっただけで 「体感」がかなり違います。
3℃下がれば 当たり前ですが そりゃ、もっと違う(笑)
 私の場合はその時の服装にもよるが 室温が30℃か31℃になると「暑い」
と体感することが分かり、これが エアコンをつけずにミスト状の霧を噴霧する
だけで 1℃か2℃下がるんだったら 大歓迎であり、万々歳なのです(^^)
 家庭用に開発されたら エアコンの電源を切る時間も増えるでしょう。
 但し、いくらエコライフに役立ち便利なものであっても あまり高額ならば 
直ぐには 家庭で手が出ませんね。

 かくして、この夏も 何とか凌げて 無事に終わろうとしている。
 蝉の合唱がいつしか虫の音になり、熱帯夜からもようやく解放されつつ、天気
予報では「秋雨前線」という気象用語を聞くようになって そして、9月を迎える。
 残暑もあるだろうが もう8月のあの酷暑に比べると 私には微々たる暑さで
ある。
 秋に向かう時間の流れがあり、空の雲も見上げると清々しさを感じるほどであ
るから、微々たる暑さは帳消しになってしまう。

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-29 12:02 | つぶやきショート

 8月28日、皆既月食


 8月26日、皆既月食という天体ショーがあったようだ。残念ながら 我が地では雲がかかっておりました。
 この天体ショーは6年半ぶり?ですか。
 そういえば6年程前に 東の夜空に見た記憶があるのです、赤い月を。
 いや、東というよりも 私の記憶では東南からもう少し南に寄った夜空だったような。
それに赤い月というよりも 微妙に赤に何かの色を混ぜ合わせた色です。
 上手く色の表現が出来ません。
 そのときは 何で月がこんな色なんだろうと不思議に思ったので憶えています。あれは皆既月食が終わった後の 月だったんでしょうね。
 それにしてもあの時の月の色は 幻想的というよりも自分には不安げな月の色でもありました。今は月食の時は赤っぽい月の色なんだと分かっていますから 何の不安もないのですが 知らないということは不安を掻き立てるものですね(笑)
 現代では天体ショーというひとつの「浪漫」ですが 昔の人は月が欠けだして、そして
いつもと違う月の色を見た時に 今とは違った気持ちで見上げていたかもしれません。
 
 そうそう、十円玉の色と赤を混ぜ合わしたような月の色でした。
 次は三年後に その月を見ることが出来る。  
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-28 23:37 | ショートショートの日常

*

c0071874_2272982.jpg

c0071874_2164268.jpg


c0071874_14245986.jpg

       
c0071874_216736.jpg


次の更新は 9月4日です。

秋だ!秋刀魚だ!

なんだかんだと言いながら 空を見上げると 

夏のモクモクした綿菓子のような雲より

すじをひいたような雲が見えます。

ようやく熱帯夜から解放されそうですね。

もちろん、私は 間違いなく大の字になって眠りますゎ♪ヽ(^。^)ノ
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-27 23:58 | お知らせ・ご挨拶など

 夜風の涼しさ、虫の音 そしてお月さん


 はたして何日ぶりでしょうか、涼しい風を肌で感じたのは。
 陽が落ちてからちょっとそこまで出かけましたが そのときに聴こえた虫の音・・・その音色が 久々に肌で感じる夜風の涼しさを増してくれたのかもしれません。
 遠くからその風にのって盆踊りか何かの音が 微かに聴こえたような気がします。空耳ではなかった筈、確かに聴こえました。

 あと一週間と少しで子供たちの夏休みも終わる。
 自分が子供だった頃は 夏休みも終わりに近づくと宿題を片付けることに集中していました(笑)
 夏休みの課題というものがあれこれ出ましたが そういうものはどうも後回しになり、田舎の祖父母の家に行っておいしい空気を吸いおいしい水を飲み、その土地で収穫された新鮮な野菜をふんだんに食べ味わい、そしてお盆の頃には盆踊りの輪の中に加わり、それが過ぎてから つまり夏休みも残すところ半月くらいというカウントダウンの状態になって、お尻に火がついた頃 学校から出されたその課題を片付けることに集中力が出るという子供でありんした(笑)

(良い子の皆さんは真似しないように???した方が良いのかどうかは、、、ご自分の判断 で決めてください)

 野や山を駆け巡る少女であったと 少し言い訳しておきましょう(^^)

 そういえば、虫の音を聴きながら夜空を見上げると月が出ていました。私には人間の横顔のようにも見えました。横顔を少し上向きにしたような月でした。
 そのお月様も 空の上で涼しげでしたね。私にはそんなふうに見えたんです(^^) 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-23 23:54 | ショートショートの日常

 グーグルアースで 宇宙旅行!? 的体験ができるって


 お気に入り木曜時代劇をNHKでみた後に その流れでNHKのニュースを家族が見ていた。
 ニュースの中で グーグルアースで宇宙旅行を疑似体験できるとか何とか・・・。
 家事をしながら聞いていたので 詳しいことはわからなかったが 調べてみよっと。
                           !(^^)!
 そしてそのあとは あの 「ハゲタカ」の 再放送です!
 残念ながら 再放送を初回から見ることが出来なかったが 途中からでも「ハゲタカ」ファンとしては嬉しいところ。 
 何しろこのドラマ 「ハゲタカ」は 家族全員でハマりましたし毎週楽しみに見ましたから (^^)


     「ハゲタカ」HP  ⇒  http://www.nhk.or.jp/hagetaka/



 ということは 今夜は ほぼ、3時間連続でNHKの番組を見るということです。


追記:
  このブログで過去に投稿した「ハゲタカ」を見た感想は ネタばれ要素があるので
  ただいま非公開にしています。
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-23 21:56 | その他

   空の彼方から 雷パーカッション

Excite エキサイト : 社会ニュース


 昨夜(22日)ごろごろと鳴り出した。自分のお腹がなりだしたのではなく、空が鳴りだしたのだ。慌ててパソコンのコンセントを抜く。
 そして今朝、そのごろごろという空の音で ぼんやりと目が覚めた。そして気付くと雨が降っていた。
 酷暑が続き、土は乾ききっている。
 数日前の朝の散歩のとき、アスファルトが濡れていたし、少しだけ水溜りも見つけた。
その時も夜半か早朝に降ったのだろう。
 そして今朝の雨・・・自然の打ち水と喜びたいところだが、冠水したところもあるよう
なので喜んでばかりもいられない。しかし、この雨で今日の気温は ほんの少し下がるかもしれない。
 そんなふうに期待すると いつもなら苦手な雷の音が 空の彼方から聞こえてくる有
り難いパーカッションのようでもある。
 落ちてくる雨粒を眺めながら 私はその音に聞き入ってしまった。 

 このところ 室内での熱中症を防ぐ為に 設定温度を調整しながらエアコンを付けた
り消したりしていたが、今日はエアコンをつけないで済む時間が 少し長くなるかしら。そうなるといいなぁ。

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-23 09:18 | ショートショートの日常

 これはいいことです

Excite エキサイト : 社会ニュース

         ◆青文字はニュースからの引用です。

  

  開業医にうつ病診断研修 早期発見で適切治療狙う [ 08月21日 14時16分 ]
                               共同通信


 厚労省は21日までに、内科などの開業医が専門外のうつ病についても適切な診断ができるように08年度から全国で研修事業を実施する方針を固めた。08年度予算の概算要求に盛り込む方向。眠れない、だるいなど心身の調子が悪いと思っていてもすぐに精神科にかかる人は少なく、症状を悪化させているとの指摘がある。身近な開業医ならば比較的気軽に診察が受けられるため、開業医の早期発見を適切な治療に結び付けるのが狙い。



 日本の自殺者3万人の中の半数は 鬱などが引き金ではないかと指摘する専門家も
いるようだし、何よりも専門医を受診して 早めに対処することが必要だと思います。
 其の為にも かかりつけの医師が その判断を適切にしてくれて、専門医に紹介状を
書いてくれたら早期発見、早期治療に結びつきますね。
 賛成です。
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-22 07:15 | トラックバック

 6時過ぎの静けさ


 只今、朝の6時過ぎ。 
 蝉の声は聴こえない。 今までならばこの時間、蝉も元気よく鳴き始めていたが 耳を澄ましても 微かに雀の鳴き声が聴こえるのみである。
 自然界で暮らす生物が終わりゆくひとつの季節を実感させ、近づきつつある次の季節を、人間の五感を通して 伝えてくれるようでもある。
 しかし、朝陽が部屋の中に差し込んでくると、まだ夏は終わっていないということを 人間は
その肌で感じる。
 涼しさや、秋という季節を待ち焦がれる「期待」という色の中に、少しの寂しさをスポイトで一滴落としたような、そんな心持ちで 朝の時間を過ごす。
 サッシを開けると ひところの空気に比べると やはり低くなっている。
 そうこうしているうちに 蝉の声が聴こえ出した。 「まだ 夏は終わっていないよ」と その声が報せてくれるようでもある。

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-22 06:35 | ショートショートの日常

 少しずつ兆しあり


 暑さも峠を越えてきたようだ。今朝は 昨日と同じ時間に朝の散歩をしたが その時間には蝉の声がまだ聞こえなかった。
 昨夜は虫の声が ほんの少しだが聞こえていた。
 ほんの少し、ほんの少しずつであるが この季節が終わりを告げる兆しというものが 感じられる。
 とは言っても 残暑もまだまだ続くだろう。

 今日、スーパーへ買い物に行くと 大ぶりの秋刀魚が売られていた。今年は豊漁らしい。 脂ものって美味しいでしょうね(^^)
 例年ならば9月になって出回ると思うが少し早いのかな。 今日は買わなかったが 近々、買って 食べることにしよう。

 日本人でよかったと思うのは 季節の変化を感じるとき。 暑い暑いと言いながら それでも 次にやって来る季節に 思いを馳せる。
 例えば、今年の秋は どんな色が流行するんだろうとか この暑さが峠を越したら秋色の洋服を着てみたいとか 秋植えする球根の準備をする人もいるだろうし 移り変わる季節に合わせて準備しなければいけないことも出来るから 仕事も増えるが、それでも楽しみです。 
 その変化を楽しむことが出来るのも 日本人の特権なんでしょうか。
 もう暑くて暑くて、へとへとになりながらも よく凌げたものだ。
 もう少し、もう少し。 


 
 
 

 

 
[PR]
by sumi_0083 | 2007-08-21 18:29 | ショートショートの日常

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧