<   2009年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 いよいよ、本日

056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif

いよいよ、本日。
 
お天気も悪くないようだし、絶好の選挙日和となりますように。


    056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-30 08:20 | ショートショートの日常

 御礼


「真夜中のなすび」、たくさんの方に読んで頂けたのでしょうか。012.gif
アクセスがたくさんありました。ありがとうございます。040.gif

More
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-29 10:53 | お知らせ・ご挨拶など

 選挙


明後日は、衆議院選挙の投票日だ。
候補者も選挙事務所の人たちも、大詰めというところなのか。

あ、そうだ!
今夜はピーマンの肉詰めをおかずにしようかな~~053.gif
吹く風にも、ほんの少し爽やかさを感じるようになった。
必ず、投票に行きますわよ~045.gif
冷夏とはいえ、西日本の夏は湿度もあり、過ごしやすいとは言えない。
エアコン要らず、扇風機の風だけで過ごせる日中、それだけでもう暑さから開放された気分。
ささやかではあるが、季節の変化を感じる。043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif


◆本当にあったちょっとだけ怖い話、
「真夜中のなすび」1から3を掲載中
    
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-28 13:21 | ショートショートの日常

     真夜中のなすび-1


 背筋も凍る怖いお話し、というほどでもない。けれどあれは、「私」にとって忘れられない経験である。確か、ブログを始めて2年目になった頃で時折、携帯で撮った写真を投稿していた。
 夏の或る日。寝苦しい夜だった。
 深夜、目が覚めて喉が渇いたので台所へ向かい、冷蔵庫からスポーツドリンクを出し、コップに半分ほど注いでのみほした。
 そこでそのまま寝室へ戻ればいいものを、蒸し暑さの為、直ぐには寝つかれないだろうと思った「私」は、ごそごそと冷蔵庫の中の整理を始めたのだ。
 台所のステンレストップは前日の夜に磨いておいた。ステンレスの作業台の上の蛍光灯を点けると、その光を気持ちよく跳ね返している。
 冷蔵庫の野菜室をみて、朝食に使う野菜を洗っておこうと考えた「私」は、少し大きめの丸いステンレスボウルを棚から取り出し、その中に胡瓜となすびを入れ、蛇口から細く出した水で洗うことにした。
 シンクで洗い終えた野菜を、今度はステンレスの作業台の上にのせ、そこでふと思いついたのである。
 洗った野菜を撮ってブログに載せようと。
 携帯で写した画像は、手元のブレもなく満足したものだった。


真夜中のなすび2へ続く053.gif
   
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-28 03:36 | その他

     真夜中のなすび-2

 その携帯画像はいつもの手順どおり、パソコンの画像ファイルとして保存した。
 当日の夜だったと思う。
 その日の未明に台所で撮った洗った胡瓜となすびの写真をブログに掲載し、「今日の食材」というタイトルで短い文章を添えて投稿する予定だった。携帯で写した胡瓜もなすびも、朝食の食材として、酢の物と焼き茄子にして美味しく戴いたのである。
 ブログを更新するにあたって、まず画像ファイルを投稿し、非公開の設定でその画像を確認することにした。
 次の瞬間、パソコン画面に向かった「私」の身体は硬直してしまった。
 なすびが、なすびが…「私」を見ているのです! 
 錯覚ではない。
 茄子紺の艶やかな皮の表面に「目」と「口」がある。「目」は多少釣り上がっており「口」は、ほぼ真一文字。けして錯覚ではない。「私」はパソコン画面に暫し釘付けになったあと、家族を呼んだ。
 「これ、見てよ。どう思う?顔に見えるよね」
 「うーん、見える。そう言われれば、確かに顔に見える」
 「気味が悪くない?」
 「うーん…ステンレスのボウルに入れて撮ってるから、蛍光灯の光が反射したんや、たぶん」
 「光が反射しただけで、なすびの表面に目と口のようなものができるの?」
 「そうとしか考えられへん」

◆「真夜中のなすび」-3へ続く 053.gif

                    
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-28 03:34 | その他

     真夜中のなすび-3

 「私」は、家族ほど冷静沈着では居られなかった。
 心霊写真を信じている訳ではない。怖いもの見たさもあって、そんな写真を集めたテレビ番組を見ることもあった。
 まさか、自分が撮った携帯写真に妙なものが写っているとは信じたくない。しかし、そんな気持ちを打ち消すように、なすびには顔が・・・。
 もしかすると、もしかすると、うちの台所に霊が彷徨っていて、深夜その霊がなすびに乗りうつったんじゃないかとか…そんな思いが過った。
 ばかばかしい話に聞えるかもしれないが、「私」はその携帯画像を見ることすら気味悪くなって当然、パソコンの中の画像ファイルは削除した。
 それから暫く我が家の食卓には、なすびを使った料理が並ばなかった。

 <幽霊の正体見たり枯れ尾花>とは、昔からよく聞く言葉だ。
 なすびに顔が表れていると思い込むに至ったのは、「疑心暗鬼」に陥った「私」の心がそうさせたのか。その疑心暗鬼の「疑心」とは仏教から由来する言葉であるとか。中国の古書に<疑心暗鬼を生ず>という喩えも出て来るようだ。
 <疑心が起ると、ありもしない恐ろしい鬼の形が見えるように、何でもないことまで疑わしく恐ろしく感じる>と辞書(広辞苑)にもある。
真夜中のなすびは、「私」の心に内在する煩悩を写し出していたのだろうか。
                   ◆文章の無断転載はお断りします053.gif 
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-28 03:30 | その他

 気配

一日遅れの更新となりました040.gif
そろそろ秋の気配が。
梨、葡萄も、早速食べました。
ところで先日、某メーカーの果汁100%林檎ジュースを戴いて飲みましたが、
それがなんともいえない美味しさ016.gif
スーパーをのぞいて同じものを探しましたが見当たらず、残念。
林檎ジュースではないけれど、同じメーカーの他のジュースが有り、値段を見
るとけっこうなお値段。なるほど、おいしい筈です。

値段が高ければ美味しいとか、好みの味であるとか、そういうものでもないか
もしれませんが、あの林檎ジュースの味は忘れられない。
ちなみに塩分はゼロ。

ところでこのところ夏ばて気味でしたが、カリウム不足だったのかな?
食のバランスは大切です。
コンディションを整えておかないと。
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-26 22:20 | ショートショートの日常

*







                   8月25日に更新します072.gif
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-22 23:53 | お知らせ・ご挨拶など

ニュース

 エキサイトニュースを読む。
 8月30日の国政選挙は、投票率が高くなるんでしょうか。
 風はあの政党に吹いているようですが、選挙は蓋を開けてみないと判らないとも聞きます。
 投票率が高くないと民意が反映されているとは言えないです。
 個人的な思いは、7割以上の人が投票して欲しい。
 
 追記:
この先、日本丸は沈没に向かうのか…そのくらい大切な選挙だと思っています。
仮に沈没せずとも、国民がこの国に生れて良かったと思える国でないならば
意味がありません。
個人が幸せであると感じること、それは個人の生き方に拠るところも大きい
でしょうが、政治は社会環境を作る大きな原動力だと思いますし、その社会の中
で個人個人が暮らしてゆくのです。
不可分の関係で成り立っています。
政策をどのように変えてゆくのか、変えずに維持してゆく方が良いのか、難しい
選択もありますが、それでも選ばなければなりません。
自分の1票を決めるのは自分であるし、それぞれの人の1票も同じく。
当然のことですが、選んだ有権者の1票で決まるのです。
主体性ある1票を投じる人たちが この選挙の主役!
私はそう思っています。
◆以下はエキサイトニュースからの引用文です

2009年8月22日 02時30分
<衆院選>投票「必ず行く」74% 本社世論調査

 毎日新聞が21日まとめた特別世論調査で投票に行くかどうかを聞いたところ、「必ず行く」と答えた人は74%に上り、前回の05年衆院選時の調査(75%)と同水準だった。前回は小泉純一郎首相(当時)による劇場型選挙が注目を集め、投票率は小選挙区比例代表並立制導入後最高の67.51%を記録した。今回も有権者の関心は高まっているようだ。【野原大輔】

 「必ず行く」と「たぶん行く」は計92%で、前回調査より1ポイント低下。「たぶん行かない」と「行かない」は計4%にとどまった。

 「必ず行く」と答えた層を年代別でみると、40代以上では7割を超え、60代では84%に達した。半面、20代は51%、30代は65%と全体を下回った。支持政党別では民主支持層の84%が「必ず行く」と答え、自民支持層の79%を5ポイント上回った。公明支持層では86%、無党派層では61%だった。

 00年選挙では「必ず行く」が63%で、実際の投票率(62.49%)とほぼ一致したが、03年は71%と59.86%、05年は75%と67.51%で、実際の投票率の方が低く出る傾向にあり、今回も70%台に乗るかは予測できない。

 7月の東京都議選では投票率の上昇が民主党の勝利につながった。今回の特別世論調査では無党派層は民主党を支持する傾向を示しており、与党は「投票率が上がれば、ますます不利になる」(幹部)と戦々恐々としている。

[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-22 10:00 | その他

 まずまず

空模様は、まずまず。
こころ模様も、まずまず。
とても不愉快な出来事があってその後、ふらっと目眩がしたが、あれは
強いストレスからくるものなのか、それとも夏ばてによるものか。

どちらにしても本日は、まずまず。
こうやってブログを更新できるのだから、寝込んでしまうほど気持ちが
滅入ったり、凹みきっているということではない。

しかし先日のような不快で傷つくような出来事が、来る日も来る日も続
いたら、直ぐには気持ちを切り替えられないほど落ち込むだろう。

あの出来事でわかったが、弱い立場の者に向かって暴言を吐く人は、心に
余裕を持てていないのだろう、ということ。
でも心に余裕を持てない人から、八つ当たりのように暴言を吐かれたら
たまらない。
そういう傾向が強い人とは、自己防衛のために距離をおくということに
なる。

幸いかな、日頃接する人たちにはそういう人が少ない。
ある人は、たいへんな環境であるにもかかわらず、気丈に明るく周りの
人と接している。
そういう人と接していると、こちらの心がほぐされる。(感謝)
だから私自身も、人の気持ちを解せるように心掛けてはいるが、体力・気力
共に限界であるほど疲れているとき、そうはいかない。
けれど、だからといって(家族も含めて)他者に八つ当たりするような
ことはしたくない。
それほど攻撃性の強い人間でもない。ご先祖様から草食系なのか(笑)




 
[PR]
by sumi_0083 | 2009-08-22 09:27 | ショートショートの日常

文字紙芝居


by sumi_0083

プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

吉川英治「三国志」

三国志〈3〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈2〉 (吉川英治歴史時代文庫)


三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

司馬遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)


すべては脚本・シナリオから始まる!―実践指導付き、プロ養成講座


北京の檻―幽閉五年二ヶ月


新装版 愛憎の檻―獄医立花登手控え〈3〉


新装版 人間の檻―獄医立花登手控え〈4〉


新装版 風雪の檻―獄医立花登手控え〈2〉


新装版 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)


古代文字レッスンブック


フェルメールとその時代


国家の品格


常用字解

DVD

第三の男


汚名


フラガールスタンダード・エディション


レベッカ


群衆

音楽

Home (通常盤)


イマージュ 5cinq


イマジン


ブルーノート・イヤーズ


ブルーノート・イヤーズ


ザ・ベスト・オブ・リー・リトナー


Cantaloupe Island


ザ・キャット~ベスト・オブ・ジミー・スミス


RIT


デイブ・グルーシン・コレクション


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ(紙ジャケット仕様)


ウェス・バウンド


ツイスト・オブ・モータウン


NHKスペシャル : 世紀を越えて - オリジナルサウンドトラック


パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


イマージュ


pure


FREEDOM PIANO STORIES 4


イマージュ2(ドゥ)


未来いそっぷ (新潮文庫)


相棒 警視庁ふたりだけの特命係 (朝日文庫 い 68-1) (朝日文庫 い 68-1)

カテゴリ

全体
お知らせ・ご挨拶など
ショートショートの日常
漢詩はいいなぁ

つぶやきショート
映画・ドラマ
フォトショップ
音楽
本・読後感など
短編
トラックバック
その他
過去の記事(非公開)
未分類

タグ

(813)
(310)
(138)
(126)
(78)
(61)
(49)
(35)
(35)
(25)
(24)
(23)
(21)
(18)
(4)
(3)
(3)
(1)

sumiのすみかより♪

このブログで投稿する
文章・詩・画像について

◆無断使用・転載は固くお断りいたします.著作権は放棄していません
◆このブログの文章・詩は全てブログの作成者自身が書いたオリジナルです。画像もソフトでブログ作成者が描いたものです.
◆ブログ内に引用文等がある場合はそのことを記しています.
◆無料素材を使用したときは リンク、或は素材提供サイトを記しています.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧